公開履歴
カプセルが乗っているスプーン

医療制度に関しては国によって様々な違いがあります。
日本では国民皆保険制度がとられていて、国民全員が何らかの公的健康保険に加入することが義務付けられています。
対してアメリカなどのように公的健康保険への加入が義務付けられていない国では、健康保険への加入に対しては公的、民間のどちらでも個人の意思で自由に決められるようになっています。
公的健康保険に加入することで、日本では医療機関で治療を受ける際には、国民の医療費負担が1割から3割で済むようになっています。
医薬品には正規品とジェネリック医薬品がありますが、日本ではジェネリック医薬品の普及率が他の国に比べて低いと言うデータがあります。
日本のように保険が適用される国では個人の医療費負担が少ないため、正規品であってもさほど負担にならないのがジェネリック医薬品があまり普及しない要因の一つとも考えられています。
対してアメリカのような国では、健康保険に加入していない人も多く、そのような人たちは治療費や医薬品などは全額自己負担となってしまいます。
そのため、ジェネリック医薬品の普及率が日本に比べるとかなり高くなっています。

早漏やED以外に性行為時の問題として性病があります。
せっかく自分の中で問題を解決しても相手から性病をもらうことだって多々あるのです。
性病の中でもHIVが恐ろしいものだということは多くの方が知っていると思います。
しかし、一度他の性病にかかってしまうとHIVに感染する確率も高まってしまうことをご存知の方は少ないでしょう。
また感染しても症状に気づかない、症状がでないという厄介な病気ですので、不安な人はすぐに検査をしてください。
お手頃な検査キットがあるのでHIVの検査は簡単ですぐ終わります。
このように現在は病院へ行かずに自宅で検査が可能なのです。

アメリカでは早漏治療薬やED治療薬などの開発が盛んですが、正規品の特許期間が過ぎるとすぐにジェネリック医薬品が発売されています。
近年ではインドで多くのジェネリック医薬品が製造販売されています。
これらの商品は、日本の医療機関でも処方が可能な薬もありますが、日本で医薬品としての認可が下りていないものが多く、認可が下りていない医薬品に関しては保険が適用されないことになっていて全額自己負担となります。
しかし、海外の医薬品に関しては個人輸入が認めらているものが数多くあります。

記事一覧
早漏と精子の数、そしてペニスの様々な悩み 2020年07月02日

男性の性的悩みで多いのは、勃起不全、ペニスが短い、そして早漏などでしょう。どれも命に関わるような病気ではありませんが、男性としての自信を失ったり、パートナーとの...

精力的になることと勃起や早漏はどう関係する? 2020年06月03日

精力的という言葉がありますが、これには性的な意味はなく、一般的に使用される言葉です。精力剤などの名称からアダルトなキーワードとして捉える人も多いですが、丑の日に...

早漏とEDにはカマグラゴールド 2020年01月24日

カマグラゴールドはジェネリック医薬品と言われている後発医薬品であることから、一般的な早漏や勃起不全の薬よりも比較的安価で購入をすることができます。したがって下半...

不妊の原因は約半分が男性 2020年03月19日

近年、晩婚化が進むと共に初産の年齢も上がっています。35歳を境に卵子の質が低下していき高齢出産となりますが、30代後半で出産する人も珍しくなくなっています。そう...

早漏に効く食べ物とは?個人輸入できる話題の薬も 2020年05月06日

早漏の悩みを克服するには、健康的な生活をおくることも大切です。どんなに素晴らしい男性パワーを持っている人でも、不摂生な生活が長く続いていたり、疲労がたまってしま...

肺機能と喫煙について、タバコは精力減退と早漏の原因 2020年04月06日

スポーツジムに通う人々が今、増えて来ていますが、その背景には都市化が産んだ運動不足が隠されているかもしれません。サラリーマンとして会社勤めを始めると、意識的に体...

男性の不妊症は先天的? 2020年02月23日

以前は不妊といえばもっぱら女性の身体機能に何らかの問題があるのはないかと疑われていましたが、近年では医学的な研究が進み、男性側に原因がある場合も少なくないことが...

早漏と男性不妊症の関係 2020年02月03日

欲しいのに子供ができない場合、女性の不妊が疑われることが多いです。しかし実際には男性不妊症という場合もかなりあるのです。男性不妊症には、精子に関するものと、性行...